ボクシングはスポーツです

ボクシングはスポーツです 最も軽い階級がミニマム級

ボクシング

様々なスポーツがある中で、ボクシングは歴史のあるスポーツの一つです。アマチュアとプロが存在しますが、ミニマム級はプロボクシングの階級に当たります。

17階級あるうちの一番体重の軽いのがミニマム級。体重の上限は105ポンド。キログラムに直すと47.627kgになります。正方形のリングにロープを張り、その上2人ので選手が拳二つで殴りあう競技です。

新人のうちは4回戦から始まり、レベルが向上するごとに6回戦、8回戦、10回戦と進んでいきます。現在は、世界タイトルマッチは12回戦として行われています。

全国にあるボクシングジムに所属し、そこでライセンスを取得する必要があります。練習生を経て、プロテストに合格すれば念願のプロでビューすることが可能になります。

拳二つで戦うスポーツとはいえ、多彩な攻撃、俊敏な防御、ステップワークなど、いろんな技術を取得することが求められます。他のスポーツ同様に、忍耐力と強い精神力が必要になりますね。

ボクシングというスポーツのライトフライ級という階級について

ライトフライ

ボクシングというスポーツには、ライトフライ級という階級があります。「フライ」とは「蝿」という意味です。厳密なウェートとしては、105~108ポンド(47.627~48.988kg)です。

ミニマム級とフライ級の間に位置し、2番目に軽い級です。ただし、この呼び名は「WBA」と「WBC」で使われていますが、「IBF」と「WBO」では「ジュニアフライ級」という呼び名になっており、統一されていません。

これは旧名であり、多くの団体で「ジュニア」という名前が付いていた級は、「スーパー」が付いた名前に変更されました。日本もそれに従いましたが、ジュニアフライ級はその下の級が団体によって異なるので(WBAはミニマム級、WBCはストロー級)、統一するためにこの名が付けられました。

この級が置かれたのは、1975年です。ちなみに、他のスポーツであるレスリングでも同名の級がありますが、現在はなくなり、「48kg級」という呼び名になっています。

ブックメーカーで熱くなる

試合数の関係で、他の競技よりもオッズの対象となることは少ないですが、1番盛り上がる競技は格闘技です。基本的に、世界戦はブックメーカー各社が対象としています。

勝敗予想をするブックメーカーで、「倒すか」「倒されるか」の格闘技は、非常に相性がよいのでしょう。ボクシングで、自分がベットしている挑戦者の日本人選手が、チャンピオンをKOで倒した瞬間は、もの凄く胸が熱くなります。

ブックメーカーをやったことがない方は、今まで以上に応援が熱くなるのでお薦めです。ボクシングは日本人のチャンピオンが多数いるので楽しめます。オリンピックもありますので、チャックしてみてください。

連続で起きた世紀の判定負け 大誤審

世紀の大誤審

KOで勝利ならば勝敗の決定は簡単で、単純に相手選手を倒したら勝ちになります。しかし、判定ではどうしても微妙な採点やジャッジで議論になってしまうことがあります。

日本中のボクシングファンが注目したオリンピックメダリスト村田諒太VSアッサン・エンダムのWBAミドル級の一戦。WBA会長も「公平な採点がされていない。日本のボクシングファンにお詫びしたい」というような趣旨のコメントを発表しました。

パッキャオVSホーンの試合でも議論となりました。完全な誤審と、多くの解説者やスポーツ番組がコメントをしています。パッキャオは「このジャッジを尊重する」との事ですが、世紀の判定負けとして、ボクシング界に残るでしょう。

ボクシングではこのような判定が時に起こり、ブックメーカーで賭けていたユーザーには受け入れがたいことでしょう。